2018-01-03

吉くらいがちょうどいい

いつもの神社へ初詣。おみくじは夫婦そろって「吉」。大吉が出るまで引き続けようと思っていたのに、なんとなく1回でやめてしまった。吉くらいがちょうどいい、じゅうぶんに良いくじだと思った。
お参りの後、休憩所で焼きそばとおでんと甘酒で昼食をとるのも恒例行事となってきて楽しい。こうやって家族みんなでお正月を過ごすことが、大吉だと思う。
屋台で長女は父にもらったお年玉を使いたいと言った。だるまと迷って、わたがしを買うことにした。

今回の新潟帰省は、父の「子ども」としても、子どもたちの「親」としても、中途半端になってしまった。親子であっても、思うだけでは伝わらない。できるだけ孫の顔を見せに行きたい。そしてもっと話をしたい。