2016-03-27

おみせやさんごっこ

こどもちゃれんじの教材「いろかたちサンドイッチやさんセット」を娘が喜んで遊んでいたので、あり合わせのものでお店屋さんスペースを作った。クリスピー・クリーム・ドーナツの帽子をかぶってサンドイッチ屋さんに。

2016-03-26

プリンとお花見

ドライブ中に偶然見つけたプリン専門店でプリンを買い、公園でいただく。公園から新幹線の線路が見えた。はやぶさこまちが3回通って、娘も私も興奮。ハトも人なつこい。

桜が咲き始めていた。そろそろ出歩けなくなるから、ちょっと早いお花見もできてよかった。

2016-03-23

渡辺格著「田舎のパン屋が見つけた 腐る経済」

ユニークな経済本に出会った。価値観や状況など似た部分も多く、今の私にタイムリーだった。経済学を学んでいた大学時代は全く実感がなかったが、つまり経済とは「人の営みそのもの」なのだと改めて思った。そう実感できる仕事をしたい、人生にしたい。ありがたいことにその方向に歩み始めてはいるが、自分に足りないものはまだまだ多い。
そして何よりカラーページに載っていた天然酵母パンがおいしそうだったから、今日はパンを買いに行こう。

2016-03-21

春をめぐる冒険

近所には桜の根元を通る狭い抜け道があって、通るだけでちょっとした冒険気分を味わえる。タンポポ、つくし、ハナニラ、カタバミなど、たくさんの春の花を見つけた。子どもの目線になると、こんなにもいろいろな花が咲き、それがとてもかわいらしいことに気づく。

2016-03-20

キドキド

半年ぶりくらいのキドキド。坂道を軽く駆け上がったり、お店屋さんごっこをしたり。たくさんの遊びに興奮しながらもあちこちに気が散っていた半年前からずいぶん集中できるようになった。

出産までカウントダウンがはじまった。休日もあまり遠くには行けないので、近くの公園かカフェかショッピングセンターで過ごしている。公園の小さな動物園にいるカピバラ3兄弟が揃ってひなたぼっこをしていた。

2016-03-12

いるか号のミニチュア

ここ数年探していた(パパの)愛車(通称いるか号、いるかは猫の名前)のミニチュアを、子ども服のお店のレジ横で(投げ売りされていたのを)発見。よくできてる。でも予想どおり、すぐに娘のオモチャに。

2016-03-08

アートと子どもの感性

近所の近代美術館は公園も広いし、企画展を見なくても、座れるデザイナーズチェアの展示や常設展だけでも楽しめる。音楽に合わせて吹き上げる噴水と一緒に踊り、ミュージアムショップで買ったシャボン玉を追いかけ、娘も楽しそうだった。接吻する男女の抽象的な絵を見て「ちょうちょ」と言ったり、クネクネした彫刻を見て「チューチュー(ねずみ)」と言っていた。アートに正解はない。男女のキスはちょうちょであり、巨大な彫刻は小さなねずみである。子どもに感性を刺激されるなんて、おもしろい。

2016-03-04

Lamb's Design worksを更新しました

Lamb's Design「works」を更新。最近の制作物を追加しました。→