2015-02-28

いちご狩り

いちごが大好物な娘と念願のいちご狩りへ。大興奮かと思ったら、いちごの間をトコトコ歩くだけ。いつも食べているいちごと同じものだという認識がなかったようだ。次第に「いちご」だと気づき、なっている実をそのまま食べだした(あとでちゃんと取って食べた)。予想外のことをするのがおもしろい。

狭山湖も散策。とても素敵な場所だった。

2015-02-25

アンパンマンのマーチ


いつもの子育てカフェ。今日は同じくらいの月齢の3グループほど一緒で賑やかだった。ねんねの頃から遊んできた友だちが2人、引っ越し。今までみたいにいつも一緒には遊べなくなるけど、この小さな時期を一緒に過ごした友だちは、親にとっても、きっと子どもたちにとっても大事な存在だから、これからも定期的に集まりたい。

カフェのあと、公園へ。みんなよく走るようになって、外のほうが生き生きしている。友だちのMちゃんが「大きな栗の木の下で」を踊った。こんなこともできるようになった。娘もこのあいだ支援センターで「アンパンマンのサンサン体操」を前に出て先生と一緒に踊りだして、びっくりした。親も驚くような成長を見せることがこれからもあると思うと、楽しみだ。

アンパンマンの歌といえば、「アンパンマンのマーチ」の歌詞が深いと言われている。「みんなの夢 守るため」に戦うヒーローのアンパンマンは、困っていたり、悲しんでいたり、お腹が空いていたりする友だちや身のまわりの人を助ける。「たとえ 胸の傷が痛んでも」。
大人になったら傷つかず、強くなるものだと思っていた。だけど以前よりも、少しのことで傷ついたり悲しんだりするようになった。
それはきっと、守るものができたからだと思う。
これが親になること、大人になることなんだと、最近は思う。

2015-02-22

北陸の味

新潟の父から送られてきた真鱈。一緒に送られてきた地元のわさび菜とお吸い物に。ぷりぷりで美味しい!娘も喜んで食べていた。

パパの出張土産、富山・サクラスイーツのかぼちゃのチーズケーキが大好き。同じく富山・源平製薬の香りいいハーブティー、りらくす。と一緒にお茶の時間。最近のお茶の時間は娘も参加。北陸、いいな。久しぶりに旅に出たい気分。

2015-02-21

熱意は熱意として

「こちらの熱意は熱意として、相手には相手の都合がある」というようなことを糸井重里さんが言っていたことを思い出した。まったく、そのとおりだと思う。

2015-02-16

欲しいもの

パパからの誕生日プレゼントの電動自転車がついに納車。ずっと欲しかったもの。子どもができてから、必需品を揃えるだけで一杯いっぱいだけど、奮発して「欲しいもの」を手に入れると、もっともっと頑張ろう、という気持ちになる。

2015-02-15

アカペラサークル

大学時代のアカペラサークルの後輩バンドが主催してくれたパーティー。懐かしい人たちが集まりとても楽しい時間だった。子どもと一緒に参加OKで、クッションフロアやオモチャも用意してくれる気遣いが嬉しかった。子どもと一緒にライブを観たり歌ったりはしばらくできないから、本当にいい機会。サークル仲間の子どもたちがステージ上のマイクやアカペラグループ必需品の「鍵盤」をいじっていたりしているのも感慨深かった。
現役のサークル員がステージをやってくれた。「ディズニー・メドレー」は子どもたちも大喜び。素晴らしいステージだった。十歳以上も年上のOB・OGの前での歌うのはプレッシャーだったと思うけど、「私たちも、十年後もこうやって集まって歌いたい」と感想を言ってくれたのが嬉しかった。
大学時代に出会ったアカペラは私にとって本当に大切なもので、当時のことが現在につながっている。それと同時に、十数年経っても後輩たちにもつながっている。幸せなことだと改めて思った。

2015-02-11

物撮り

ダイニングで商品の物撮り。使用したフランスパンやパプリカは「スタッフが美味しくいただい」た。
自分が納得し、お客さまに喜んでもらえるものを作ることができた。ようやく踊り場を抜け、次のステージに行けたんじゃないかと実感する。素直に嬉しい。恵まれた状況で制作していることに感謝しなければならないが、もっと精進していきたいと思う。

2015-02-07

WIRED CAFE

2日連続のWIRED CAFE。1日目は私の誕生日ディナー。2日目は元職場の同僚の結婚祝いランチ。どちらも楽しい時間だった。

カフェの隣の映画館にドラえもんがびっしり。ポップコーンの容器らしい。