2014-02-28

きょうだいカメラ

偶然にも、「師匠」とカメラがきょうだいだった。師匠に撮り方指導をあおいでタルトを撮る。

2014-02-27

ベトナムコーヒー・ドリップ

エスプレッソマシンを持っているけど、あわただしい朝には手間がかかる、でもインスタントコーヒーを買うのもなんだかシャク、でひらめいたのがベトナム珈琲用の道具でのドリップ。ドリップしている間眺めるのも楽しい、朝の小確幸。

2014-02-25

再会

昔住んでいたアパートの隣に住んでいたおばあちゃんと再会。80歳を越えているけどとても元気で、一緒に散歩したら、娘を抱っこしてるからとはいえ、私のほうが息切れしてしまった。

2014-02-22

お宮参り

調(つき)神社へ娘のお宮参り。調神社は調(つき)が月と同じ読みなので、月の動物であるウサギが神の使いとされている。狛犬ならぬ「狛兎」がいるのだけれど、狛兎、新しくなっていた(かつての狛兎)。手水舎の石像がウサギ形だったり、社殿内にウサギの彫物が飾られていたり、あちこちにウサギがいる。

義姉から譲り受けたドレスを着て、義母に抱っこされて。おばあちゃんの手を、娘はしっかりとにぎりしめていた。

2014-02-20

Slouc Cafe

Slouc Cafeは、映画館で使われている椅子(シネマチェア)に座りながら、COWBOOKSの松浦弥太郎氏がセレクトした書籍が読める至福のカフェ。再訪は、娘と一緒に。娘とカフェに来るのが夢だった。

2014-02-19

0g(zero-gauge)001

音楽評論家阿木譲さんのZINE、0g(zero-gauge)001が届いた。
一昨年、阿木氏が営む大阪・阿波座のnu thingsで行われたイベントを何度かお手伝いさせていただいた。サイトによるとnu thingsは「アート空間」。普段はDJイベントが多いが私が関わったのは全ていわゆるクラブイベントではなかったし、様々に変化する箱でどんな催しでもサマにしてくれる、クールなのに頑固なアート空間である。大阪で好きだった場所のひとつ。
阿木氏の音楽については全く疎いけど、フライヤーのアートワークがいつも気になっていた。梱包されたビニール袋もかっこよくて開けられない。

2014-02-15

オリンピックなラテアート

羽生選手フィギュアかっこよかった!オリンピックなラテアート。ソチではなく'80モスクワオリンピックのキャラクター、くまのミーシャ。ソチのキャラクターもくまだけど、なぜか名前がないらしい。

2014-02-14

己で己を写すことはできない

デジタル一眼レフは仕事でもプライベートでも使うから欲しかったのだけど、大きいし重いので、取材しながら、娘を抱っこしながら、ということを考えると機動面で二の足を踏んでいた。カメラに詳しい友人に相談したところ、「コンパクト一眼レフ(ミラーレス一眼レフ)」という手軽なものを教えてもらった。そして選んだのが「OLYMPUS E-PM2 ダブルズームキット」。

念願の一眼レフで最初の一枚を、と思ったけど、まずはカメラ自体を。新しいカメラで新しいカメラを撮ることはできないので、今回はいつものiPhoneで。己で己を写すことはできないのだ。

2014-02-09

ふじつぼうし

東での生活が始まっている。越してすぐ、数十年に1度の大雪。

小さな雪だるまを作って、友人が本物のフジツボで作ったオブジェを被せてみた。ふじつぼうし。