2014-01-26

新しい朝

元職場でお世話になった人たちが会いに来てくれた。上司の娘ちゃんとも対面。同学年だけど、3ヶ月違うだけでサイズが2まわりくらい違ってびっくり。

そしてもうすぐ、新しい朝が来る。

2014-01-25

画廊喫茶GiGiと神戸

連れ出すにはまだ少し早いのだけど、間もなく関西を発つので、娘を連れて神戸の画廊喫茶GiGiへ。お客さんは絶え間なく訪れていたが、今日のGiGiは静かな時間が流れていた。看板犬のアルファは相変わらず人懐こく、娘のにおいをかいでいた(近づきすぎたりちょっかいを出したりはしない)。ギターを弾いている人がいた。子守唄も弾いてくれた。娘は気持ちよさそうに眠っていた。

現代美術家のマスター、凛さんに「Shadow(「影」のポートレイト)」を描いてもらった。娘のポートレイトは凛さんからのプレゼント。

神戸は好きな街だからまた訪れると思うけど、生活のそばにある神戸はこれで最後と思うと不思議な感じがした。そして身近にこんな素敵な街があったということが夢みたいにも思えた。
きっとまた、会いに来る。

2014-01-20

カフェの記憶とともにある記憶

この街に住むことにしたのは、このカフェがあったから。思い出が積み重なる。カフェの記憶とともに。

2014-01-15

妊娠出産、育児のはじまり

「大変だったけどいい思い出」になる前に、育児がはじまったばかりの今の心境をすこし。

最近周囲がべビーラッシュで、Facebookに毎月のように友人知人の出産報告が流れてきて、乱暴に言えば妊娠出産って簡単なものだと思っていた。だって、あの子もあの子もみんなやってるから。

全然違った。命がけだった。考えてみれば、人間ひとりを体内で育てて産むことが簡単なわけがない。
前期は二ヶ月半ひどい悪阻で入院と通院を繰り返した。記憶がほとんど無い。後期もひたすら吐く悪阻があり、臨月手前で妊娠高血圧症。胎児ドッグでは子どもの腎臓に異常があるかもしれないと診断された(産後異常なしと診断された)。分娩も安産ではあったけれど、身体が壊れるんじゃないかと思った。高血圧は産後も治らず、食事制限が続いている。
陣痛と分娩でボロボロの身体でも、翌日から育児が始まる。四六時中お乳をあげる。我が子が生きるためだけに生かされている「私」が儚い存在に思え、疲れた心身で病室のカーテンを閉めて泣いた。

我が子はどんどん成長していく。生まれたばかりと半月過ぎた今と、顔つきも身体つきも全く違うことに驚く。夜に1、2時間の睡眠を2回ほどとるだけで私の体力はどんどん快復していく。我が子が生きてゆく育ってゆく、それだけで満たされ元気になる。これが本能なのだと思った。動物的で必然的なもの。

妊娠中は「産んでからが大変」と言われ、出産後は「大きくなってからが大変」と言われ。いつも大変なのかもしれないけれど、その中に楽しみや喜びを見つけながら育児をスタートした。私自身の人生に、大きなパワーを与えてくれると思う。

2014-01-13

My daughter in cappuccino.

My daughter in cappuccino.

2014-01-11

二段ベッド

初対面の彼女たち、お互い警戒なし。ベビーベッドの下にいるかがいて、二段ベッドみたい。いるかはお姉ちゃんだから、小さな妹に上段を譲ってあげている。

2014-01-10

小さな散歩

出産後はじめてひとりで散歩に出た。近所にある、設計事務所が営む雑貨店Shabby craftへ。30分ちょっとの小さな散歩。

いつもの景色。気づいたら、この街を離れるまで三週間を切っていた。

2014-01-09

Happy New Year 2014

She was born December 30 2013.
Thank you for being born! :-)

ガレット・デ・ロアの王冠をかぶる娘。

--------------------------------------

旧年お世話になりましたみなさま、誠にありがとうございました。
12月30日に、無事元気な女の子を出産しました。
育児、家族、自分自身、変化してゆくさまざまなものに無我夢中で向き合っています。
一歩一歩必死で前に進んでいる、という感じの日々です。

制作はぼちぼち再開します。
また、月末に2年間住んだ西の町を離れ、東へ戻ります。今後の活動は東京・埼玉が中心となります。

大きな幸せと共にはじまった変化の1年。
本年もよろしくお願いいたします。

Lamb's Design
http://lambsdesign.com