2013-12-27

MC珈琲

ミッドセンチュリー・ファニチャーのお店・アストレア・ギャラリーからMC珈琲を取り寄せた。淹れるときの香りが上品で渋い。ラテアートは、ギャラリーのオーナー横山さんのお宅の愛猫パッチ君。

2013-12-26

ベビー服をリサーチ

ららぽーと甲子園へベビー服のリサーチ。デザインも値段もカワイイのがH&Mのベビーライン。カッコイイけどちょっとお高いのがZARA、あとハンドメイド系のpetit mainというブランドもかわいかった。結局買い物をしたのは、セールをしていたbabyGap。くまさんフード付きのジャケット。やっぱりこういう被り物系、買ってしまう。
右のはIKEAで買った布団カバー。うさぎとはりねずみ柄。パターンかと思ったけど、1枚でひとつの絵になってた。

昨日ようやく両親学級が終了。転院してからの通いだったのでひとりぶっちぎりで出産間近。私自身ももちろん手探りだけど、臨月前の妊婦さんたちにいろいろ質問されて、いろいろ答える自分に自分でびっくりしたり。情報交換は大事。両親学級楽しかった、行ってよかった。
予定日まであと一週間。胎児ドックの結果や高血圧症と心配ごとはあるけど、今は健やかに過ごすのみ。

2013-12-23

チキンなしのクリスマス

鮭と帆立のクリームシチューとムール貝のワイン蒸し。糖分控えめでガトーショコラも焼いた。食事管理(減塩中)のためチキンなしのクリスマス、とはいえいつもよりちょっと濃い味つけ。

2013-12-21

DUCK! DUCK! DUCK!

ラバーダックが大阪に帰ってきた!芝川ビルにてラバーダック展。堂島にてラバーダックとイルミネーション。生まれてくるベビーのためと言い訳してラバーダックの限定レプリカもゲット(1964個め/4000個)。

DUCK! DUCK! DUCK!

2013-12-19

「トーキョー喫茶」更新しました

ライターとして参加しているトーキョーワッショイ!のブログコラム「トーキョー喫茶」を更新しました。

オーサカ喫茶 ダイジェスト→
キョート喫茶 ダイジェスト→

よろしければ、ご覧ください。

2013-12-11

あと

あとすこし。

2013-12-10

スタイ

東京のY夫妻にベビー服をたくさんいただいた。スタイのひとつに子羊を縫う・・・手芸は苦手。

とりあえず、いるかにつける。

2013-12-09

Spoon cafe

入院中、同じ病室だった方に教えてもらった、門戸厄神駅前のSpoon cafe。あたたかいアップルパイが美味しかった。

2013-12-06

名刺をつくりました

猫好きさんの名刺を作らせていただきました。名刺のデザインは小さいからこそおもしろいです。
Lamb's Design's works→

2013-11-27

猫将軍個展 -Appetite for Madness

大阪伊勢丹のDMOARTSで始まった猫将軍個展「Appetite for Madness」初日へ。凡庸な言葉かもしれないけど「アートには心を動かす力がある」と改めて思った。パワーを貰ったよ、ありがとう。

2013-11-24

フォトジェニック

お世話になった先輩&後輩夫妻と子どもたちが東京からはるばる兵庫に来てくれた。子どもたちはやっぱりフォトジェニック!

弟くんは、お腹のわが子と同い年。不思議。

久しぶりに誰かのためのラテアート。お姉ちゃんにはホットミルクでチョコの似顔絵。

2013-11-23

東西南北

集合場所の阪急「西宮北口駅」を阪神「西宮駅北口」と間違えたSとカフェへ。ちなみに西宮北口駅には南東口っていうのもある。東西南北。

2013-11-22

自分の仕事をつくる

ずいぶん前に出た本だけど、西村佳哲の「自分の仕事をつくる」を読んだ。柳宗理や佐藤雅彦などそうそうたる人物の働き方がつづられているが、あくまで著者の主張するワークスタイルの例として取り上げている。

『中途半端な掘り下げはマスターベーションと評されかねないが、深度を極端に深めてゆくと、自分という個性を通り越して、人間は何が欲しいのか、何を快く思い、何に喜びを見出す生き物なのかといった本質に辿りつかざるを得ない』

個人のこだわりと、他者にとって価値のあるもの(=仕事)のちがいについては、私もよくよく考えている(それしか考えていないかもっていうくらいアタマデッカチ)。個人のこだわりからその先に到達するにはどうしたらいいのか?

『仕事とは自己を誇示する手段ではなく、自分と他人に対するギフトであり、それが結果としてお互いを満たす』

著者はデザイナーだが、『かっこいいデザインが好きなわけではないし、そもそもデザインなんてどうでもいい』と書いている。こだわりはデザインそのものより「ひと」にあるのだろう(もちろん、デザインに相当のこだわりと自信があってはじめて言える事)。他者ありきで、その人に喜んでもらうために個人のこだわりを掘り下げてゆく・・・というのがやはり理想的。

また、他者(パートナー、クライアント)については『暗黙知』というキーワードが出てくる。『あらためて口にしなくてもわかっている「何か」を、互いに共有している』こと。『触れたときにグッとくる、得も言われぬ何か』。それは『コンセプトの精緻化』に勝る。過去、何かがスムースに進んだ例を思い出してみると、確かにそうだったな、と思う。そういう人と仕事なり共同作業をする、のが理想的。

『仕事に対して、「ありがとう」という言葉が返ってくるとき、その先を大切にしたい』

個人的に、とても共感した一冊。久しぶりに付箋でいっぱいの本ができた。

2013-11-14

ロースイーツ

友人の紹介で中崎町にある自然派お菓子工房ナナハコへ。オーナーYさんは私と同い年の(親近感)独特のしゃべり口が魅力的な女性。築80年の古い家屋にある小さな工房で卵や乳製品など動物性のものを一切使わないロースイーツを作っている。妊娠中でひどい便秘だと話すと、加熱しない野菜を多く摂るのが良いと言われた。何か分からないことがあったらメール下さいと言われた。親切。
シフォンケーキはふわっっっふわでとてもおいしかった。

2013-11-13

Webの勉強

Webの学校に通っていました。Lamb's Designとして何ができるのか、どこまで出来るのか。今週末が最後の授業。年明けにWebページのお手伝いをさせていただけそう。

2013-11-08

Daft Punk アカペラカバー


すでに700万回も再生されているPentatonixのDaft Punkアカペラカバー。最初の部分がTechnologicだと気づいたときの鳥肌。アカペラは国内外ともになぜか(何となく垢抜けない)感じがあるのでこのPVはいい。でも最後のオフショット?はやっぱりアカペラ―っぽい感じ。それにしてもアカペラのグルーブ感といったらこれだよな。また歌いたくなる。

2013-11-07

祭壇にゃー

祭壇みたいになっている電子レンジの上。安産祈祷に行った西宮神社の御守と、頂いた水天宮と祇園祭限定の神功皇后安産御守(貴重らしい)。調神社と岡崎神社のウサギの御守。見守るのはTRUCKのポスター。にゃー。

いるかスイッチ。にゃー。

2013-11-06

フランク・ロイド・ライト

フランク・ロイド・ライト設計の芦屋・ヨドコウ迎賓館を見学してきた。北からはるばる神戸に来た知人が貴重な空き時間を使って訪れたのがここだった。彼の設計した目白の明日館は東京時代に訪れたことがあり、ちょっとした縁を感じて建築見学。照明や家具、キッチンなどの作りは至極シンプルだけど、実用性のない装飾が多い印象。でも決して邪魔することなく、周囲の自然にしっくり溶け込んだ贅沢空間。つい長居してしまう。

神戸の写真ギャラリーKobe 819 Galleryにも立ち寄る。オーナーの野元さんは同い年。同世代の知り合いは大事。彼のアツさにはいつもパワーをもらえる。

2013-11-05

チラシをつくりました

工務店様のチラシを作らせていただきました。ありがとうございました。
Lamb's Design's works→

2013-11-04

知識と儀式

出産に向けてそろそろ買い揃えなければと思いつつ、何から手をつけたら良いのか分からず気が重くなってきたのでとりあえずベビーザらスへ。「ベビーカー・チャイルドシートアドバイザー」という女性がいて、とても分かりやすく説明してくれた。赤ちゃんグッズの説明のスペシャリスト。日本製のベビーカーで安価なのは型落ち品だとか、シートは6歳までが義務だけど3歳以上は数千円の簡易なシートで良いとか、私は体が小さいので日本製の抱っこひもが良い、赤ちゃんが生まれてから試着したほうが良い、とか。結局何も買わなかったけど、商品知識や買う時期が明確になっただけでずいぶん気持ちがスッキリする。知識とはすごいなあと思う。

IKEAに移動、たっぷり滞在して買ったのは赤ちゃん用品を収納するためのBOXと電球とボトムス用ハンガー。周りのお客さんたちは本当にたくさん買う。うちは基本的に必需品しか買わないので、他人の買っている(何に使うのかよくわからない)物を見るのが楽しい。それとIKEAに行くという行為は村上春樹にとっての鰻を食べるみたいな感じで、儀式的な観点から定期的に行わずにはいられない。

2013-11-03

うめちかダンジョン

前職場の同僚と、梅田の地下街の和食屋であんかけそばとおにぎりランチ。ホワイティうめだをはじめとする梅田の地下街は「ダンジョン」と呼ばれるほど大きくて複雑でお店がいっぱいある。会社時代はランチから歓送迎会から、仕事後に一杯、までお世話になった。もっと開拓したかったな。

2013-10-31

そうだ、京都行こう


住む街の駅から河原町駅までは阪急線で一本。夕方くらいに「そうだ、京都行こう」と思い立っても一時間ちょっとで着く。
今日もふらりと京都を訪れた。修学旅行生の団体をくぐり抜けながら、八坂神社、丸山公園、長楽館、祇園を歩き、喫茶店へ。ソワレにしようか、フランソワか築地か六曜社か。

いつかのソワレ、ゼリーポンチ。

2013-10-26

やっぱり愛だろ、愛

日本酒専門店ぼでがへ。女店主がひとりで切り盛りしている小さなお店。どんな味が好みかと聞かれ「この顔に合うお酒を」とか言った人にも丁寧にお酒を選んでくれた(キリッとした味のお酒が選ばれた)。私たちのほうに日本酒に詳しい人は誰もいなかったけど丁寧に説明してくれる、その姿勢に愛を感じる。商売は売り側のこだわりを押しつけ過ぎるのは良くないかもしれないけど(というような話をちょうどしていたのだけれど)、やっぱり愛情が伝わってくるほうが気持ちがいいよね。

写真は梅酒ではなく久重雑賀という梅酒の銘柄の梅ロックンプラムというノンアルコール。梅エキスが凝縮されていてすごくおいしくこればかり飲んでいた。これおいしいなー。買おうかな。

2013-10-24

サイトをリニューアルしました

Lamb's Design Webサイトをリニューアルしました。よろしくお願いいたします。→

2013-10-20

ボーダー

前の職場でお世話になった先輩一家と神戸のMother Moon Cafeでランチを。家族揃ってボーダー。近場で、子連れで気軽に来れるカフェはいくつか知っておきたい。

2013-10-15

グッドデザイン

D&DEPARTMENT PROJECT OSAKA。新旧拘らず「グッドデザイン」をセレクトし続けるショップ。大阪店のダイニングカフェはゆったりできて好き。

D&Dのすぐ近くにあるスーパー玉出。パチンコ店ではなく食品スーパー。突っ込み所はありすぎるので、あえて書かない。玉出で生鮮食品や惣菜を買うのは(絶対に)控えたほうがいい。理由はあえて書かない。
スーパー玉出もある意味「グッドデザイン」。

2013-10-14

水都大阪2013 ラバーダック・プロジェクト

今年も水都大阪フロレンティン・ホフマンラバーダックが来た。ただの大きなアヒルなのに、子どもから大人まで世界中で大人気。「人種や国境を越えて、見る人を幸せにする」というシンプルなプロジェクト、ほんとただのアヒルなんだけど、ひと目見たいと思ってしまう。
中之島GATEに設置された、MuDA特区という絶滅危惧種の動物たちのインスタレーションとのコラボレーションが不思議な雰囲気。移動中に水没するトラブルがあったりして災難だったけど、沈んでいく様子もご愛嬌。


フロレンティン・ホフマンのサイトがかわいい。ラバーダック以外のプロダクト(プロジェクト)も愛らしい。

ヤノベケンジのサン・チャイルドに早くも再会。都会の夜空をまっすぐ見つめる姿に惹かれる。同じサン・チャイルドでも、この子はあいちトリエンナーレで会ったのとは違う子で、普段はヤノベ氏の出身地茨木の駅前に常設されているものとのこと。手に持つ太陽が異なる3体のサン・チャイルドがいる。チェルノブイリの幼稚園の壁画を模したもの、岡本太郎作の太陽を模したもの、そしてヤノベ氏オリジナルのもの。

2013-10-12

Red Bull Ignition 2013 猫将軍ライブペインティング

アメ村の三角公園へ猫将軍のライブペインティングを見に行く。「街灯」という変わったキャンバスに広がる猫将軍の力強い世界。今日は完璧な秋晴れだった。三角公園はハトが多くてフンに戦々恐々としながらも、再会があったり、良い1日。

2013-10-06

あいちトリエンナーレ2013 -現実かどうかということより大切なものが時にはある

あいちトリエンナーレ2日目は納屋橋会場と長者町会場。長者町会場は3年前も訪れていて懐かしい。

トリエンナーレのもうひとつのテーマは「地域とのつながり」だと思う。特に良かったのは長者町のNadegata Instant Party。60年以上の歴史を持つ中部地方最大級の「架空」の映画製作所・STUDIO TUBEの閉鎖を描いた「ドキュメンタリー」というのが出展内容(制作風景→)。

中部電力の建物を映像製作所に見立て、「架空」の映画のダイジェストや衣装・小道具の展示、そして携わった何百人もの人たちが登場するドキュメンタリームービーが上映されていた。ムービーに登場するのは長者町の人々。何百人もの地元の人たちが「ウソ」のドキュメンタリーに参加している。それがみんな楽しそうで、見ていたらその映画製作所は本当に存在していたような錯覚に陥ってくる。実在しないのに、人の温かさを感じ、時間の流れを感じる。そしてムービーの上映後、感動して涙が出てしまった。

彼らは実在しない映像製作所を愛した。彼らだけではなく、参加した長者町の人たちもきっとそうだ。

現実かどうか、実在するかどうかということより大切なものが時にはある。と思う。

2013-10-05

あいちトリエンナーレ2013 -誰かの光になるものを作りたい

3年ぶりのあいちトリエンナーレに行ってきた。1日目は栄会場。今年のメインテーマは「揺れる大地」で文字通り震災がテーマ。考えさせられる展示が多かった。
惹かれたのはヤノベケンジの「サン・チャイルド」シリーズ。「こういう時だからこそ、恥ずかしいくらいポジティブな作品作りをしたい」と本人が言うように、バカでかいスケール、愛嬌たっぷりのキャラクターたちが美術館を彩る。大阪万博を思わせるその造形はとても滑稽で明るい光に溢れていた。

「太陽の結婚式」の教会。ステンドグラスはビートたけしが図案を起こしている。

小さな力ながらも、私もものづくりに携わる者として、誰かの光になるようなものを作っていきたいと、改めて思った。

夜はお客さまと食事。ニュージーランド産のワインを揃えるお店に連れていっていただいたけど、妊娠中のため飲めず、オリジナルのノンアルコールサングリアを。こちらも美味だった。ありがとうございました。

2013-10-04

臨月の彼女

東京時代の職場でお世話になったひととランチ。西宮という場所で、お互いお腹が大きくて、不思議。彼女は臨月、元気な赤ちゃんを産んで欲しい。

2013-09-30

病院カフェ

アメ村にある病院をテーマにしたカフェanamune。ディスプレイされた医療器具、季節の装いの人体模型などディテールに凝っている。冷たい飲み物はビーカーでサーブ。来年秋、こちらのカフェで展示をさせていただく予定です。
--------------------------------------
「トーキョー喫茶」にも記事をUP→

2013-09-29

パフェ男子

「パフェが好き」という角度から喫茶店に詳しい男子。道頓堀にて昭和21年創業のザ喫茶店・アメリカン
--------------------------------------
「トーキョー喫茶」にも記事をUP→

2013-09-26

NOON+CAFE

トーキョー喫茶にも書いた高架下のカフェNOONは絵になる場所。今日も待ち合わせまでの少しの時間を過ごす。

2013-09-22

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館といえばレアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」!

写真を撮るならオラファー・エリアソンの「Colour activity house(カラー・アクティヴィティ・ハウス)」も遊べる。

2013-09-21

路面電車

路面電車のある風景。こういう景色のところに住んだことはないけど、なぜか懐かしい。それにしても、イマドキの路面電車はこんな形。

白エビ。灯りにかざすと身が透けてみえる。旨い!