2018-01-17

劇団銀河鉄道 ブレーメンの音楽隊

親子観劇会、演目は「ブレーメンの音楽隊」。ロバたちがようやくたどりついたブレーメンは、思い描いていた楽園とはちょっと違ったけど、大切な仲間たちとあたたかい家があった。厳しい冬は家の中でみんなで歌を歌い、春になったら畑を耕し花の種をまこう。これが楽園。かつて見ていた夢とは違うかもしれないけど、幸せはここにある。それを子どもたちと感じることができて嬉しかった。
帰りはお友だちとおいしいパン屋に寄ったり、ちょっと特別な平日になった。

2018-01-16

回数割引特典ご案内DM

「nicoせっけん」を使い続けてくださるお客さまに感謝を込めて、「回数割引特典」をスタートいたしました。続けるだけで嬉しい特典。ぜひご活用ください。詳しくはこちらに。

* * *
「敏感肌用ベビーせっけんnico」
商品のご紹介はこちら
ご注文はこちら

2018-01-15

「にこ肌だより 第8号」できました

「nicoせっけん」ご注文7回目にお届けする「にこ肌だより 第8号」ができあがりました。虫刺されアレルギー「小児ストロフルス」でお悩みの母娘のお話です。

* * *
「敏感肌用ベビーせっけんnico」
商品のご紹介はこちら
ご注文はこちら

2018-01-10

リフレクソロジー

リフレクソロジーの勉強をしているママ友にマッサージをしてもらった。痛みはなく優しいマッサージで、身体の一部ではなく全体のバランスを整えることに重きが置かれている。リフレの後にいただいた漢方茶がおいしかった。あれもこれもとはいかないけど、自分自身の心身についても無理なくできることは取り入れていきたい。

2018-01-06

白いカイト

白いジャンバーを着たおじいさんと黒いジャンバーを着たおじいさんが5連のカイトを飛ばしていた。(白いカイト)
狭山湖を散策。寒さが緩んで気持ちのいい1日だった。長女は変身バイクが上達してきた。私に似ずどうやら運動神経が良さそうである。

2018-01-05

エビフライタワー

いただいた車海老でエビフライを作る。海老の下ごしらえは初めてだったのでYouTubeとにらめっこで背ワタを抜いて皮をむいた。父から誕生日プレゼントでもらった子ども用調理器具を使って長女もお手伝い。長女はエビフライが大好きなので、いっぱい作ってエビフライタワーに。美味しいものをいただくと、イベントになって楽しい。

2018-01-03

吉くらいがちょうどいい

いつもの神社へ初詣。おみくじは夫婦そろって「吉」。大吉が出るまで引き続けようと思っていたのに、なんとなく1回でやめてしまった。吉くらいがちょうどいい、じゅうぶんに良いくじだと思った。
お参りの後、休憩所で焼きそばとおでんと甘酒で昼食をとるのも恒例行事となってきて楽しい。こうやって家族みんなでお正月を過ごすことが、大吉だと思う。
屋台で長女は父にもらったお年玉を使いたいと言った。だるまと迷って、わたがしを買うことにした。

今回の新潟帰省は、父の「子ども」としても、子どもたちの「親」としても、中途半端になってしまった。親子であっても、思うだけでは伝わらない。できるだけ孫の顔を見せに行きたい。そしてもっと話をしたい。

2018-01-01

Happy New Year 2018

Happy New Year 2018.

Lamb's Design
http://lambsdesign.com

2017-12-31

冬の新潟

初めて子どもたちを連れて冬の新潟へ。長い道のり、長女が気丈にぐずらず頑張ってくれたおかげで無事到着したが、ちょうど寒波が来ていて、厳しい寒さと吹雪。父に元気を出してもらうために帰ったのに、私が体調を崩し、逆に助けられてしまった。
それでも子どもたちは積極的に雪を楽しむ。初めてのたくさんの雪に大喜び。庭に出て雪だるまを作り、雪でケーキを作り、雪合戦をした。

父が世話になっている開業医を紹介してもらった。海沿いの町医者。素晴らしい先生だった。弱っているとき、良い先生に診てもらえるのは本当にありがたいこと。医院の前には厳しい日本海が広がっていた。

スキー場でソリ遊びもさせてもらった。父の教え子である「ソリの先生」に、まずはスキーの上に乗せてもらってすべり、それからソリを教えてもらった。加速したり止まったり、長女は先生に教わった通り、上手にコントロールしながらすべっていた。

怖がると思った次女も楽しそうにソリに乗っていた。

長女お気に入りのカフェでみんなでランチも。マスターがサービスしてくれたイチゴのババロアがおいしかった。
帰省中、弟夫婦に赤ちゃんが生まれた。とてもとても嬉しかった。そしてホッとした。赤ちゃんは素敵な名前だった。遠く離れているけど、初めての姪に会うのが楽しみだ。

温泉も行った。中学時代の同級生が働いていてびっくり、お風呂の中でも同級生に会ってびっくり。当時はそれほど仲が良かったわけではないはずだけど、中学時代の同級生には何故か縁がある。会うたびにここが故郷なんだと思える。


30日に長女が4歳になった。大好きなケーキ屋さん、年末できっと開いていないだろうと思ったら灯かりが点いている!子どもたちと駆け込んでケーキを予約。30日は父と、31日はパパも来てみんなでお祝い。ミニサイズだけど、2日連続のケーキ。おめでとうと、ありがとう。